高橋 賢

月: 2020年10月

情報計算化学生物学会にて臓器チップ研究の成果を発表

2020年10月27日から30日に、情報計算化学生物学会(The Chem-Bio Informatics Society, CBI)の主催によりCBI学会2020年大会がオンラインで開催されました。2020年に始まったCBI学会年次大会は、情報計算化学・生物学分野の研究者や産官学の関係者の交流を目的として毎年開催されています。 2000年に初まり、Amazon Web Service、富士通やBruker社をスポンサーとするこの学会は、東京大学、大阪大学や理化学研究所など、日本トップクラスの研究者の参加により毎年の年会が行われています。この学会の「先端的計測技術」のフォーカストセッションで、高橋賢は ...
続きを読む

COVID-19とどう闘うか:論文査読?!

7月23日に高橋がピアレビューを行ったCovid-19に関する論文が、国際学術誌Journal of Clinical Medicineに掲載されました。 この論文は、Covid-19にかかった場合の死亡リスクは男性は女性に比べて16%高く、心臓血管病患者は健常者と比べ1.96倍高いことなどを報告しています。 Nature誌やハーバード大Wyss Instituteの研究者たちが ...
続きを読む

ビデオ公開:ヒト虚血性心疾患のiPS細胞モデル

Summary Dr. Ken Takahashi of Okayama University published a video article on a model of ischemic heart disease using human iPS heart cells. The method makes it easier to create a cardiac ischemia model. The use of this model will lead to the development of drugs for ischemic heart disease and reveal the cause of myocardial infarction. On May 5, Research Associate Professor Ken Takahashi of Okayama University published an article about the model of ischemic heart disease using cardiomyocytes differentiated from human iPS cells (Biochem Biophys Res Commun 2019, 520(3): 600-605). A video for this experimental method was released to the public today in Journal of Visualized Experiments. Model of…
続きを読む

jaJapanese