高橋 賢

カテゴリー: Social Contribution

UNCTADによる研究者育成プログラムの初会合

岡山大学が国連と連携し「持続可能な開発目標」=SDGsの達成を目指す新たな人材育成プログラムに、アフリカやASEANの若手の女性研究者7名が参加することが決まりました。そのキックオフミーティングが11月11日に岡山大学で行われました。高橋賢は、受け入れ研究者の1人としてこの記念すべき会合に参加しました。 このプログラムは、岡山大学とUNCTAD=国連貿易開発会議との包括連携協定により実施されます。 女性研究者らは2週間から1ヶ月、
続きを読む

COVID-19とどう闘うか:論文査読?!

7月23日に高橋がピアレビューを行ったCovid-19に関する論文が、国際学術誌Journal of Clinical Medicineに掲載されました。 この論文は、Covid-19にかかった場合の死亡リスクは男性は女性に比べて16%高く、心臓血管病患者は健常者と比べ1.96倍高いことなどを報告しています。 Nature誌やハーバード大Wyss Instituteの研究者たちが ...
続きを読む

会議の未来を創れ:初の日本生体医工学会オンライン大会

Japan Society for Medical and Biological Engineering, which has a history of 58 years and has 2,700 members, held its first-ever online conference in May 2020. Ken Takahashi, as a member of the executive committee, helped bring this JSMBE annual meeting online by establishing operation procedures and carrying out public relations activities via twitter and facebook. The 59th Annual Conference of Japanese Society for Medical and Biological Engineering (JSMBE) was originally planned as an on-site meeting as “usual”. But the widespread coronavirus epidemic is now changing the definition of being “usual”. At the pre-coronavirus academic conferences, people from different places, sometimes gathered across borders, to discuss research and the future…
続きを読む

国難のいまこそ進めるテレワーク

Go promote teleworking – It’s a crisis! When else do you? 新型コロナウイルスの蔓延により、学校でも会社でもテレワークへの期待―あるいは要求―が高まっている。ウイルスの感染を防げる上、通学・通勤の時間を省けるのだから、是非とも導入したい。しかし、具体的にどうすればいいのか…。本稿では、テレワークに必要な3点に絞ってその方法を説明したい。

Ken selected as Tokyo 2020 Olympic Torch Bearer

The flame represents the Olympic ideals of peace, unity and friendship The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games has selected Ken Takahashi as a torch bearer after a long process of rigorous review. The torch is ignited several months before the Games in front of the Temple of Hera, the archeological site of Olympia, the holy land of the ancient Olympic Games. The flame is then carried by torch bearer to the venue. On the day of the opening ceremony, the final runner ignites the cauldron in the main stadium. The cauldron stays alight until the end of the event. Related: Ironman Western Australia 2006 * *…
続きを読む

Kid’s dream for space: a robotic project

Ken Takahashi had a Skype discussion with elementary school students at Westford, MA, USA about their robotic project. The project is about prevention of muscle atrophy in astronauts in space.

Lecture: How does our body change in space?

講演:宇宙で身体はどう変わる?@高槻中学校・高校 In response to request, Ken Takahashi gave a lecture “How does our body change in space?” to junior high/high school students at Takatsuki Junior High/High School on January 31, 2018. It was carried out as an outreach activity of The Biophysical Society of Japan(日本生物物理学会).

講演:宇宙と人間の身体 - 日本宇宙少年団リーダーズセミナー

Ken Takahashi gave a lecture entitled “Human body in space” at Daido University in Japan on November 3, 2007. The main audiences were leaders of Young Astronauts Club Japan. He talked about what happens to our body when we go to space. It is a must-know knowledge now that space travel is becoming a reality. Related: Lecture: How does our body change in space?

Newspaper: Learning effect of zero-gravity on human body

2006年2月20日・中日新聞尾張版朝刊27面 無重力状態での人体の影響学ぶ 一宮のYAC 日本宇宙少年団(YAC)一宮分団の子どもたちが十九日、一宮市富士三丁目の中日ホームサービスで、宇宙と人間の体についての講義を聞いた=写真。 講師は名古屋大学大学院の高橋賢研究員(三三)。写真を示しながら「宇宙に行くと、骨や筋肉が減るなどいろいろな影響が出てくる」と説明。「無重力状態では骨に力がかからないので、骨の中がすかすかになってしまう。宇宙では予防のために機械を使って運動しているんですよ」などと話した。 子どもたちは「地球に帰ってきたら骨ば元に戻るの」「予防のための薬は何種類ありますか」などと積極的に質問し理解を深めていた。(中日新聞)

jaJapanese