高橋 賢

カテゴリー: Research

日本生理学会第100回記念大会で臓器チップに関する研究を発表

The 100th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan was held at the Kyoto International Conference Center from March 14th to 16th. As a highlight of the conference, there was a dialogue between two Nobel laureates, Dr. Svante Pääbo and Dr. Shinya Yamanaka. At the conference, the Takahashi lab presented the following posters related to organ-on-a-chip: Facilitated differentiation of induced pluripotent stem cells into cardiomyocytes in a microfluidic chip Development of a lung fibrosis model using lung epithelial cells, fibroblasts, and vascular endothelial cells These studies aim to explore the potential for new treatment development utilizing cell culture and microfluidic control technology. The conference was very lively, providing a…
続きを読む

2022年を振り返って

2022年は、年初の抱負だった「臓器チップ技術を活用したヒト臓器・疾患モデルを提供する事業活動に一歩踏み出したい」という目標を大いに達成した1年でした。高橋は、一大決心をして参加を決めた...
続きを読む

「ヒト臓器チップ疾患モデルによる創薬イノベーション」の提案で、岡山大学イノベーション・マネジメント・コアから100万円を調達

実験動物を犠牲にせず、ヒトに効く薬の開発に貢献する破壊的イノベーション「臓器チップ技術」の開発を促進 岡山大学学術研究院医歯薬学域医学系 システム生理学の高橋賢 研究准教授は...
続きを読む

高橋賢がピッチコンテストでNEDO賞と中国銀行賞を受賞

臓器チップのビジネスプランと発表者の起業家としての将来性を称える 高橋賢研究准教授は、Organ-on-a-chipのビジネスプランと起業家としての可能性に関し、岡大ピッチコンテスト2022で新エネルギー産業技術開発機構(NEDO)賞と中国銀行賞を受賞...
続きを読む

腎臓チッププロジェクト進捗報告:第99回日本生理学会大会

2022年3月18日、高橋研究室のYin Liang(梁 茵)は、第99回日本生理学会大会で、「ヒト腎近位尿細管上皮細胞およびヒト臍帯静脈内皮細胞を使用した腎臓チップの機能分析」の発表をオンラインで...
続きを読む

研究室メンバーのChen Wangが博士号を取得、 科学研究のキャリアをスタート

高橋研究室のChen Wangは、岡山大学で6年間の実りある研究期間を経て、博士号を取得しました。 Wangさんは、10件の論文と5件の会議発表を経て、中国の名門・復旦大学でポスドク研究員として...
続きを読む

MEXT-sponsored research student joined cardiovascular physiology lab

(OKAYAMA) — Today, Department of Cardiovascular Physiology, Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences at Okayama University welcomed Rumaisa Kamran as a research student sponsored by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) of Japan. Rumaisa has obtained the position of the government-sponsored research student on the recommendation of the Embassy of Japan in Pakistan. Earning the esteemed MEXT scholarship of Japan at Okayama University was very dream-like for a person who had never stepped out of her comfort zone. On the other hand, I am an ambitious individual who wants to bring change, beginning at molecular level through induced pluripotent stem cell (iPSC). When it comes…
続きを読む

Scientific achievements and potential impact on the global challenges

SCIENTIFIC ACHIEVEMENTS 2010-2021 I discovered a new molecular target associated with the development of myocardial infarction. This research is currently ongoing and its results may help to prevent stroke and organ damage after organ transplantation. I have obtained one patent in connection with this research, published nine academic papers and issued four press releases, including one at EurekAlert! To further develop this line of research, I built an organ-on-a-chip as a visiting scholar at the Harvard University. These studies were supported by three grants from the Japan Society for the Promotion of Science.  I promoted scientific research through international collaborations. I am currently collaborating with a Thai researcher through a joint research project with the United Nations Conference on Trade and Development (UNCTAD) and our institution. In addition, I hosted a researcher from Myanmar within the frames of a…
続きを読む

宇宙で筋肉や骨はなぜ弱る?

有人火星探査や商業宇宙旅行が現実のものとなりつつある現在、宇宙で健康に暮らすことの重要性はますます高まっています。一方、宇宙で長期間滞在すると、筋肉がやせたり、骨がもろくなったりすることが知られています。これは、無重力環境が人体に及ぼす影響によると考えられていますが...
続きを読む

UNCTADによる研究者育成プログラムの初会合

岡山大学が国連と連携し「持続可能な開発目標」=SDGsの達成を目指す新たな人材育成プログラムに、アフリカやASEANの若手の女性研究者7名が参加することが決まりました。そのキックオフミーティングが11月11日に岡山大学で行われました。高橋賢は、受け入れ研究者の1人としてこの記念すべき会合に参加しました。 このプログラムは、岡山大学とUNCTAD=国連貿易開発会議との包括連携協定により...
続きを読む

jaJapanese