高橋 賢

Blog

「ヒト臓器チップ疾患モデルによる創薬イノベーション」の提案で、岡山大学イノベーション・マネジメント・コアから100万円を調達

実験動物を犠牲にせず、ヒトに効く薬の開発に貢献する破壊的イノベーション「臓器チップ技術」の開発を促進 岡山大学学術研究院医歯薬学域医学系 システム生理学の高橋賢 研究准教授は、岡山大学イノベーション・マネジメント・コア  ベンチャー支援フィールド の令和4年度岡山大学発ベンチャー起業支援事業に採択され、100万円の事業推進費を調達しました。 高橋賢 研究准教授は、臓器チップ技術の研究で日本学術振興会などからこれまで3,374万円の研究資金を獲得しました。今回調達した資金は、臓器チップ技術を応用したライセンシング事業と薬物の薬効薬理・毒性試験受託解析事業を実現するために、関連学会における学術発表や、研究に必要な物品の購入に充てる予定です。マウスやイヌなどの実験動物を犠牲にせず、ヒトに有効な薬を効率的に開発するプラットフォームであるヒト臓器チップの開発を進め、医学の歴史の転換となる製薬のイノベーションを進めていきます。 高橋賢は一緒にスタートアップで働く仲間を募集しています 関連記事:高橋賢がピッチコンテストでNEDO賞と中国銀行賞を受賞関連記事:日本学術振興会のハイレベルな科学研究費を獲得

高橋賢がピッチコンテストでNEDO賞と中国銀行賞を受賞

臓器チップのビジネスプランと発表者の起業家としての将来性を称える 高橋賢研究准教授は、Organ-on-a-chipのビジネスプランと起業家としての可能性に関し、岡大ピッチコンテスト2022で新エネルギー産業技術開発機構(NEDO)賞と中国銀行賞を受賞...
続きを読む

腎臓チッププロジェクト進捗報告:第99回日本生理学会大会

2022年3月18日、高橋研究室のYin Liang(梁 茵)は、第99回日本生理学会大会で、「ヒト腎近位尿細管上皮細胞およびヒト臍帯静脈内皮細胞を使用した腎臓チップの機能分析」の発表をオンラインで...
続きを読む

A Year in Review: 2021

Continuing from last year, 2021 was a year in which overseas business trips and acceptance of researchers from overseas were restricted due to the influence of COVID-19. In addition, instability of democracy such as turmoil caused by military government in Myanmar also had a negative impact on our international joint research. Nevertheless, it was a year in which great results were obtained from the publication of 8 papers and 9 presentations at academic conferences. In his personal life, Takahashi was very pleased to be a torchbearer at the Tokyo 2020 Olympics, which was a great success even though it was threatened by COVID. Related: Carry the Olympic flame of hope—getting…
続きを読む

研究室メンバーのChen Wangが博士号を取得、 科学研究のキャリアをスタート

高橋研究室のChen Wangは、岡山大学で6年間の実りある研究期間を経て、博士号を取得しました。 Wangさんは、10件の論文と5件の会議発表を経て、中国の名門・復旦大学でポスドク研究員として...
続きを読む

MEXT-sponsored research student joined cardiovascular physiology lab

(OKAYAMA) — Today, Department of Cardiovascular Physiology, Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences at Okayama University welcomed Rumaisa Kamran as a research student sponsored by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) of Japan. Rumaisa has obtained the position of the government-sponsored research student on the recommendation of the Embassy of Japan in Pakistan. Earning the esteemed MEXT scholarship of Japan at Okayama University was very dream-like for a person who had never stepped out of her comfort zone. On the other hand, I am an ambitious individual who wants to bring change, beginning at molecular level through induced pluripotent stem cell (iPSC). When it comes…
続きを読む

Scientific achievements and potential impact on the global challenges

SCIENTIFIC ACHIEVEMENTS 2010-2021 I discovered a new molecular target associated with the development of myocardial infarction. This research is currently ongoing and its results may help to prevent stroke and organ damage after organ transplantation. I have obtained one patent in connection with this research, published nine academic papers and issued four press releases, including one at EurekAlert! To further develop this line of research, I built an organ-on-a-chip as a visiting scholar at the Harvard University. These studies were supported by three grants from the Japan Society for the Promotion of Science.  I promoted scientific research through international collaborations. I am currently collaborating with a Thai researcher through a joint research project with the United Nations Conference on Trade and Development (UNCTAD) and our institution. In addition, I hosted a researcher from Myanmar within the frames of a…
続きを読む

オリンピックの希望の炎を運べ―コロナウイルスのパンデミックを乗り越えて

While the coronavirus pandemic is making the event difficult to hold, the torch relay is being held to connect the Olympic flames carried from Greece to the venue of the Tokyo 2020 Olympics through all over Japan. On May 19, 2021, Takahashi carried the flame of the Olympics as one of the torchbearers. The reasons for carrying the torch There is still a hope that the Tokyo Olympics 2020 will be safe and successful. We can still support the Olympics in many ways, like staying healthy and not disturbing the medical system. I carry the flame and run for the hope as long as there are athletes who put everything…
続きを読む

宇宙で筋肉や骨はなぜ弱る?

有人火星探査や商業宇宙旅行が現実のものとなりつつある現在、宇宙で健康に暮らすことの重要性はますます高まっています。一方、宇宙で長期間滞在すると、筋肉がやせたり、骨がもろくなったりすることが知られています。これは、無重力環境が人体に及ぼす影響によると考えられていますが...
続きを読む

2020年を振り返って

2020年はコロナウイルス感染症のパンデミックにより、出勤や出張が制限され、会議や講義をオンラインで行うなど、歴史に残る一年でした。この激動の中でも、日頃と変わらない活動の継続により多くの成果がもたらされました。 出版 初めてのビデオ記事をJournal of Visualized Experiments誌で発表しました。 従来の紙媒体ではなく、ビデオ媒体での表現を探索することで、研究コミュニケーションを強化 ...
続きを読む

jaJapanese