高橋 賢

「ヒト臓器チップ疾患モデルによる創薬イノベーション」の提案で、岡山大学イノベーション・マネジメント・コアから100万円を調達

「ヒト臓器チップ疾患モデルによる創薬イノベーション」の提案で、岡山大学イノベーション・マネジメント・コアから100万円を調達

実験動物を犠牲にせず、ヒトに効く薬の開発に貢献する破壊的イノベーション「臓器チップ技術」の開発を促進

岡山大学学術研究院医歯薬学域医学系 システム生理学の高橋賢 研究准教授は、岡山大学イノベーション・マネジメント・コア  ベンチャー支援フィールド の令和4年度岡山大学発ベンチャー起業支援事業に採択され、100万円の事業推進費を調達しました。

高橋賢 研究准教授は、臓器チップ技術の研究で日本学術振興会などからこれまで3,374万円の研究資金を獲得しました。今回調達した資金は、臓器チップ技術を応用したライセンシング事業と薬物の薬効薬理・毒性試験受託解析事業を実現するために、関連学会における学術発表や、研究に必要な物品の購入に充てる予定です。マウスやイヌなどの実験動物を犠牲にせず、ヒトに有効な薬を効率的に開発するプラットフォームであるヒト臓器チップの開発を進め、医学の歴史の転換となる製薬のイノベーションを進めていきます。

高橋賢は一緒にスタートアップで働く仲間を募集しています


関連記事:高橋賢がピッチコンテストでNEDO賞と中国銀行賞を受賞
関連記事:日本学術振興会のハイレベルな科学研究費を獲得

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJapanese